ハンバーガーメニュー
close

モデルコース

Model Corse

モデルコース モデルコース

ゆったりとした高千穂の自然と歴史を感じるコース

宮崎県の北端部、九州山地の中に位置しており、町域の西北部から北部にかけては熊本県に接し、北部から北東部にかけては、標高1,756mの祖母山を挟んで大分県と接しています。町域西部から南東部に向かって五ヶ瀬川が流れています。全国的にも有名な高千穂峡は人気の観光地としていつも賑わっています。

start
  • 高千穂峡北方ICから車で約39分

    高千穂峡は、その昔阿蘇火山活動の噴出した火砕流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった峡谷。この高千穂峡は、1934年国の名勝・天然記念物に指定されています。付近には日本の滝百選にも選ばれた真名井の滝や槍飛橋などがあり、魅力を十分に感じることができるスポットです。

  • 天岩戸神社高千穂峡から車で約18分

    社名は、西本宮が拝する天岩戸に由来します。昭和45年に合併し、現在のごとく天岩戸神社東西両本宮を称すようになりましたが、それ以前の旧称は西本宮が「天磐戸神社」、東本宮は「氏神社」であった。 東本宮はかつて「天磐戸大神宮」とも呼ばれ、この名は今でも西本宮社務所で授与される神札の銘「天岩戸大神宮」に残り、また地元年配者を中心に通称として用いられています。

  • 天安河原天岩戸神社から徒歩で約10分

    天照大神が岩戸にお隠れになった際に、天地暗黒となり八百万の神がこの河原に集まり神議されたと伝えられる大洞窟です。別名「仰慕ヶ窟」とも呼ばれています。以前は社のみがあり信仰の対象となっていたが、いつのまにか祈願を行う人たちの手によって石が積まれていくようになりました。

  • 栃又棚田天安河原から車で約33分

    高千穂町の中心部から天岩戸神社まで行く県道7号線沿いにある棚田です。栃又棚田では稲作やタバコが栽培され日本の棚田百選に選ばれており、四季折々にいろいろな棚田を見ることができます。